ファーストクラス的旅行記

Entry Info

Park Hyatt Tokyo 31日の出国便が午前発で、実家のある静岡から成田空港に当日直行することが難しそうだっため、前日泊として以前から憧れていたパークハイアット トーキョーに滞在することにしてみました。ホテルからバスに乗れば、一直線にターミナルまで連れていってくれます。万が一、寝坊しかけてもホテルの人にたたき起こしてもらえるから安心ですしね。ちなみに、エアポートリムジンはホテル滞在者じゃなくても利用可能なので多くの人におすすめですよ。

このパークハイアット トーキョー、もう5年以上も前からいつかは素敵な誰かと一緒に泊まってみたいと夢見ていたホテルなんですよね。その後、なんと実の妹がここに就職してしまい、レストランなどは一気に身近になりよく利用させてもらっていたのですが、さすがに宿泊に関して高嶺の花のまま。いろいろな世界を見てくるというこの旅の目的にも合致しているので、出発前に是非とも泊まってみたいと考えていたのですが、パークハイアットは都内でもトップ中のトップ。なかなか他の高級ホテルと違ってディスカウントサイトでも全く値引きの無い超強気設定な上に、ダメもとで妹に尋ねた家族割についても年末年始は割引対象外とのこと。それでも「やりたい事はできるだけやっておく」がモットーな僕は、結局、ノーマルランクのデラックスルームをラックレートで予約してしまいました。

クラブ オン ザ パーク

パークハイアットといって、真っ先に思いつくイメージの一つが地上46階にあるジム&プールです。他の利用者がいたため、写真は取れませんでしたが、高くて開放感のある天井と都内を見下ろす夜景、プールが20メートルと若干短めなのが玉に瑕ですが、こんなところで毎日エクササイズができたらワークアウトへのテンションも余計に上がることでしょう。スパエリアへは時間の関係もあり足を延ばせませんでしたが、クロールで一キロ弱のゆっくりスイムで夕飯への腹の準備はバッチリです。

最後の晩餐

Park Hyatt Tokyoそして最後の晩餐はNew York Grill & Barで。パークハイアットそれ自体もそうなのですが、数年前のアカデミー賞映画、Lost in Translationでの印象がかなり強烈に残っているレストランです。今回は、窓際の席を用意していただいたのですが、この夜景とレストランの雰囲気ならば、ちょっと気がありそうな女の娘なら一瞬でグラっと来てしまうんじゃないですかね。
ちなみに、コースで頼むとかなりボリュームが有るというインサイダー情報を得ていたので、オーダーはアラカルトで牛ステーキをメインに何点か。多分、他にも美味しいところはいっぱいあるのでしょうが、それでも、ここで食べた肉厚のあるジューシーな山形牛リブアイは僕の中のステーキランキングで暫定一位獲得です。

New York Barその後は、バーに移動してデザートタイム。妹たちからのメッセージ入りデザートに驚きもしながら、生演奏に耳を傾けつつ甘いものを食べていると、まるで映画の中の世界に迷い込んだよう。外国人のジャズカルテットが小気味よりリズムを刻み、様々な人種の客たちが思い思いに会話をしている姿を見ていると、ここはいったいどこの国なのだろう?という疑問すら湧いてきます。これからの旅行を控えている僕には、世界への思いを馳せる場として最適の場所だったのかもしれません。

お部屋も快適

Park Hyatt Tokyo部屋のクオリティは予想通りのいい部屋でしたよ。実は夏場にリッツ・カールトン トーキョーにも宿泊したことがあるのですが、10年以上もリッツより古いにも関わらず全く見劣りせず、というかむしろデザイン面ではパークハイアットの方が好みかもしれない。ミニバーの背後からガラスに透ける面光源、重厚な大理石の中にどんと置かれた浴槽、何も飾り気の無いベッド、どうにも、このデコレーションを抑えてエッジを利かせたスタイルが僕の感性にかなり合うようです。いつかは、自分の部屋もこんなスタイリッシュに整えられるといいのになぁなどということを、広い風呂で足を伸ばしながら考えていました。

夜景付きプール、美味しい食事、巨大な浴槽とベッド、夢のような時間をこのパークハイアット トーキョーで過ごしていたら、いつのまにか本当の夢から目覚め、時間は朝5時、空港行のバスの時間はもうすぐです。

Where I am

Loading map..

On Twitter

Loading Tweets..

Recent Entries

From Flickr

  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11

Powered by

  • expression engine
  • midPhase
  • 世界一周ブログランキング参加中

First Class Backpacker © Satoshi Onoda. All rights reserved.