シントラ

Entry Info

5th (Fri)
Aug 2011

[Day153] シントラへ

うぉ、気づけば一年以上のラグが。そろそろ僕の記憶力との戦いになりそうですけど、まぁ、かの有名な深夜特急も完結したのは旅から数年後だったはずですし、僕は僕でマイペースで進めていければと。

Sintra Excurionさて、今回はリスボンのお隣、シントラという街へエクスカージョンに出かけた時の話です。このシントラはユーラシア大陸最西端に位置していることで有名な街で、他にも王国時代に立てられた宮殿など何かと見どころの多い場所です。若干、公共の交通機関でのアクセスが悪く、移動方法をどうしようかと検討していたのですが、ちょうど滞在していたTravellers Houseという宿が格安でミニバスツアーを組んでいたので、それに乗っかることにしました。

以前のエントリーでも少し書いていますが、基本的に僕はツアーというのはあまり好きではありません。添乗員さんに案内されながら歩くよりも、自分のペースを守りたいですし。だから、気ままなバックパッキングをしているわけで。ただ、今回のツアーに関しては、さすがにhostelworldで世界一の評価をもらっている宿の主催。バックパッカーの好みをしっかり理解しているようで、陽気なドライバーのお兄ちゃんが目的地まで連れていってくれて現地解散、集合時間になったらまた戻ってきて次の目的地へ移動、という、いい意味でのテキトウスタイル。移動中はお兄ちゃんの語るポルトガルの歴史を聞いたり、同行者と世間話をしたり。迷って苦労しながらそれすらもネタにしてしまうハードコアな旅のスタイルも好きですけど、こうやってお手軽かつ気ままに観光するのも悪く無いかなぁと思い出しました。

Sintra Excurionツアーはまずはシントラ最大の観光名所であるペナ宮に到着。様々な建築様式が融合したこの不思議宮殿は、残念ながら館内撮影禁止だったのですが、この珍妙な色使いの外観だけでも十分に楽しめました。一体、何を考えてこんなカラフルな壁の塗り方しちゃったんですかねぇ。

Sintra Excurion続いてもう一つの有名なお城へ(名前失念)。小川の流れる広い庭園を歩いていると、地下へと続く井戸があったり、その井戸から川のほとりに抜ける地下道があったりと、散歩しているだけでちょっとした冒険気分。建築物としての規模はペナ宮と比べてしまうと小ぶりなのですが、十分に散歩を楽しめる場所でした。

Sintra Excurionそして、僕がどうしても行きたかったユーラシア大陸最西端のロカ岬(Cabo da Roca)。極東からやってきて、ついに西の果てまでたどり着いてしまいましたよ。そこから更に西を臨むと水平線の向こうにはコロンブスが目指したアメリカ大陸があるわけで。今後の旅へと思いを馳せるとワクワクしてきますね。理想的には海に沈む夕日が見たかったのですが、ここはツアー参加の泣き所。それはいつの日かまたこの地を訪れることができたときに取っておきましょう。

リスボンには都合7泊の滞在だったのですが、ここもいつものようにあっという間。ここから100日くらいは大体5泊程度の周期でヨーロッパの主要都市を鉄道で回っていくことになります。そこで、次回は旅の話ではなくヨーロッパの鉄道事情的なことをまとめておこうかと。

Where I am

Loading map..

On Twitter

Loading Tweets..

Recent Entries

From Flickr

  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11
  • Big Beach Festival 11

Powered by

  • expression engine
  • midPhase
  • 世界一周ブログランキング参加中

First Class Backpacker © Satoshi Onoda. All rights reserved.